テレセで使える女性が濡れる3大条件

女性が生理的に濡れる声というのは、大まかに3つのタイプに分けることができます。
それは、男性らしさをダイレクトに表現する雄々しさと、脳を通してゾクっとさせられる知性と、安らぎを与えてくれる優しさです。
これら3つの条件を意識した会話を、テレセで活かすことができれば、高確率で女性を心地よい絶頂に導くことができますし、もちろん、そのお返しとして、こちらへのサービスにも励んでくれますので、その必勝パターンを学んでおきましょう。
これら3つの条件は、相手の女性の性癖によっても順番や強弱が変化するのですが、基本的には以下の展開で用いることで効果を発揮します。
会話の初めは優しさからスタートし、相手の緊張を解すことに徹し、打ち解けてきた実感を持てたら、笑いのセンスも含めた知性を感じさせる会話も折り混ぜていき、「面白い」とか「凄い」などと敬意の感嘆を引き出すことができたら、精神的に上に立てたことを意味するので、少しずつオラオラな空気を語尾などに入れていくようにすると、自然な流れで会話のハンドルを握ることができます。
女性が抱かれたいと願う心理の一つとして、尊敬できる人という条件は、その手のランキングの常連ですが、最初から自分を大きく見せようとしたり、いきなり上から目線で話せば、すぐにドン引きされてしまいます。
同じ女性でも、先に挙げたように、紳士からスタートして少しずつキャラを変えていくことで、上から目線な言葉にも従順になってくれますので、女性を電話でイカすための3大条件を自然と使えるようになるべく、練習したり、テレセの場数を踏みましょう。

電話の向こうで香る妖艶花

テレホンHでの年代別の楽しみ方を伝授します。
50代から60代の女性この年代の女性は、Hに関して言わば一番といってもいいぐらい貪欲な年代です、まるで身体全体が性感帯のようで、特に男性からの言葉責めには、居てもたってもいられないぐらいの快感を全身で感じます、そんな熟女には、普段口に出すと恥ずかしいぐらいの卑猥な言葉で愛撫してあげましょう、そして緩急つけて、ドSな言葉責め→紳士的なマイルドな言葉責め→卑猥な言葉を連発などといったやり方で、より熟女さんを絶頂のトンネルへといざなってください。

30代から40代この年代の女性は、セックスや自慰行為に対して、とてもスリリングな刺激性を求め安くなります、主婦は家庭での仕事が忙しく、未婚の女性は結婚に焦りを感じて、男性から見ると、一件性には興味ないのかと思いがちですが、その真逆で非現実的な行為を求めますので、言わばテレセには最高の年代かもしれません、女性自信が性欲を強く感じるようになる時期だとも言われています、そんな年代の女性には、ややスマートな言葉責めと少年のような無邪気な言葉責めがとても効果的です、両方の言葉責めを併用することで、電話口の奥ではピチャピチャと卑猥な音が響きわたり、更なる快楽の階段をかけ上がることになるでしょう。

20代から30代この年代の女性は、性にはまだ、恥じらいを感じてる時期ですが、興味は男性よりも好奇心でいっぱいです、そんな年代の女性には、マイルド&ソフトなテンポでやさしく口撃してあげましょう、とても楽しめるはずです。